高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

コスパ最悪!飲食店バイトのデメリット

f:id:high_u:20180703223550j:plain
廃油です


飲食店でアルバイトをしているというひと、とても多いと思います


ですが、実は飲食店バイトには結構デメリットがあります


飲食店でしかアルバイトをしたことがないというひとにはわからないかもしれませんが、ほかのアルバイトも経験すると飲食店バイトのきつさがよくわかります


今回は、実際にぼくが飲食店でアルバイトをして思った飲食店バイトのデメリットを紹介します


これから飲食店でアルバイトをしようと思っている人はぜひこの記事を読んで、もう一度考え直してほしいです

基本的に忙しい

飲食店でのバイトは基本的に忙しいです


時期や時間帯によっては暇なこともあるかもしれないけど、客がまったくいないってことはないと思います。そんなガラガラならバイト雇わないだろうし


忙しい飲食店バイトにはデメリットがいろいろあります

勝手にシフトを入れられる

飲食店は忙しいわりに従業員が少なく、休みの希望が重なると勝手にシフトを入れられることがあります


しかも勝手に入れたくせに偉そうな態度で威圧してきます。休ませろや


ぼくみたいな人間は勝手にシフトを入れられたら勝手に休むんですけど、ほとんどの人は責任感があるので勝手に休むという選択をすることは難しいかもしれません


「休んだらクビにされてしまう」とか考えたら休みにくいですよね。勝手に休んだら何故か怒られるし


そんなところはやめてしまえばいいんだけど、これも真面目な人にとっては難しいことです


勝手にシフト入れられたいっていう変態以外は勝手に入れられたくないと思うので、飲食店バイトは気をつけよう

休めない

これも人手が足りないからなんですけど、マジで休めません


飲食店バイトはただ休めないってだけではありません


飲食店が混む時ってどういう時かわかりますか?みんなが休みのときです


つまり世間がおやすみモードのときでも飲食店バイトは休めないということです


年末年始もお盆も帰れません


世間がおやすみモードのときは休むべきときのはずなのに、飲食店バイトは逆に超忙しくなります。意味がわかりません


世間がおやすみモードの時なんて絶対に休みたくないって人以外は普通に休みたいと思うので、飲食店バイトは気をつけよう

体育会系の可能性が高い

飲食店は十中八九体育会系です


特にラーメン屋とかは最悪ですね。客の前でバイトを怒鳴ったりするからねあいつら。そんな店にはぼくは絶対に行きませんけども


飲食店の店員はなぜか大きい声を出したがります


普通に「いらっしゃいませ〜」って言ってくれればいいのに、「いらっしゃいませ!!!!!!」と声を張り上げます


あれは店にそうやるように指示されているからです


店の前で声出し練習してる店とかもたまにあります。謎です


落ち着いた店なら体育会系じゃないかもしれないけど、ほとんどの飲食店は超体育会系なのであれが理解できない人は気をつけよう

飲食店バイトのメリット

一応飲食店バイトにもメリットはあります


そんなメリットも打ち消すくらいデメリットが大きいと個人的には思うんですけど、飲食店には飲食店にしかないメリットもあるので紹介します

長時間働きたい人はいいかも

勝手にシフトを入れられるとか、休めないとかは、裏を返せばめちゃめちゃ働きたい人にはちょうどいいのかもしれません


飲食店だと深夜帯は時給変わったりするしね


なので長時間働いてとにかく金を稼ぎたいって人にとっては、バイトに時間を奪われるという飲食店のデメリットはメリットに変わるでしょう

まかないがある

たぶん飲食店でバイトしてる人のほとんどがまかない目当てでバイトしてるんじゃないでしょうか


まかないいいよね。疲れたあとに食うまかないは美味いよ


でもぼくはまかないよりも、ぬるく働いたあとにコンビニとかで弁当買っていく方が幸せだと思うのよ


まかないが無料じゃない飲食店は論外です

まとめ:飲食店バイトはコスパが悪い

飲食店って仕事のつらさのわりにメリットがまかないしかありません


めっちゃコスパ悪くない!?


もっとぬるい職場で働こうよ。休みやすいバイトした方が絶対にいいって!


じゃあそういう、休みやすくてぬるくてコスパがいいバイトってなんなんだよっていうと、オフィスワークです


オフィスワークバイトの素晴らしさについては別に記事に書いているので、「あれ、飲食店バイトやりたくねぇぞ?」って思ったらぜひ読んでみてください

high-u.hatenablog.com

飲食店はバイトの王道って感じだけど意外とデメリットだらけだから気をつけてね!