高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

超ネガティブ思考を治すために心がけるべき5つのこと

廃油です


僕は超ネガティブ思考です


なにかやりたいと思うことがあっても、「でも・・・でも・・・・」とネガティブになって結局逃げ出してしまうことがよくあります


ネガティブ思考はどう考えても百害あって一利なしなので治したい。でもどうすればいいんだ・・・


そう思っていろいろ調べまくったり自分なりに分析してみたりして、これを心がければネガティブ思考が改善できるんじゃないかっていう5つの考え方を導き出しました


はっきりいってネガティブ思考はそう簡単に治るものではありません。もしかしたら一生治らないかもしれません


でも、ネガティブ思考を治すことはできなくても軽減する方法はあるはずです


少なくとも僕はこの5つの方法で、すこしだけですがネガティブ思考を改善することができました


万人に当てはまる方法ではないかもしれないけど、なにかヒントにはなると思うので、ネガティブ思考を治したいと思っている人は参考にしてみてください

①未来のことは考えないふりをする

結果にビビってしまうのを改善したいというと、「未来のことなんて考えないで行動しろ」とか言われることが多いと思います


そういうのを見るたびに「いや、無理だわ!!」って思ってます。だってそれが出来ないからネガティブ思考なんだもん


冒頭で述べた通り、たぶん超ネガティブ思考は完治しません


つまり未来のことを考えてネガティブになっちゃうのも治せません


だからせめて「未来のことなんて気にしてないふり」をしましょう


「え?失敗したらどうするのかって?そんなこといちいち考えても仕方ないでしょww(やべぇよ失敗したらどうしようめちゃめちゃ怖いわ)」


これです


だって考えちゃうじゃん。考えたくなくても未来のことを勝手に予測して勝手にビビっちゃうじゃん


未来のことを考えて怖くなったら「あー!あー!俺うるさい!俺!黙れ!!」とか自分に言い聞かせて誤魔化しましょう


根本的な解決にはならないんだけど、これ意外と使えます


僕の超ネガティブ思考はたぶん一生治らないのでこれでなんとかするしかない


相変わらず何がやる前は未来のことを考えてビビってるけど、この考え方を持ってからは多少恐怖心を誤魔化せるようになりました

②完璧主義をやめる

たぶん超ネガティブ思考のひとって完璧主義者が多いと思うんですよ


たとえば仕事とかで一度教わったことを実践するってなったときに、「もし失敗したらどうしよう」って考えてビビっちゃう


僕なんてこの完璧主義者かつ超ネガティブ思考のせいでバイトやめましたからね

high-u.hatenablog.com


だから、ネガティブ思考を改善したいなら完璧主義はやめましょう。やめろって言われてやめられるものではないんだけども


正直この完璧主義に関してはどうすればいいのかまだよくわかってません


「自分が思ってるほどまわりは自分に期待してない」とか思っておけばいいんですかね


とりあえず心がけておくべきなのは完璧にやろうなんて思わなくていいってことだと思います


ネガティブ思考と完璧主義が繋がっているということに気がついていなかった人は、このことを意識してみたら改善できるかもしれません

③想像と違ったら他人のせいにする

これは完璧主義の話と似ているようでちょっと違います


なにか挑戦してみたいことがあって、それに挑戦できたとします


で、その挑戦をした時に「あれ?なんか思ってたのと違うぞ?」って感じることないですか


そのときには「自分が期待しすぎてたせいだ」とか「自分のやり方が悪かった」とか思わずに、「まわりの奴らが悪い」と考えちゃいましょう


僕は1回だけ国際交流パーティーに参加したことがあるんですけど、そのときまったくうまくいかなかったんです


英語も全然話せないし、結構パリピっぽい雰囲気でそれについていけなかった


そのときにはコミュニケーションも取れないし馴染めもしない自分を情けなく感じていました


でもあとになって、「いや、俺じゃなくてああいう雰囲気に持っていった主催者側が悪い。俺は悪くない」って思ったらちょっとだけ心が軽くなりました


ネガティブ思考のひとは自分で全部ためこんじゃう傾向があると思うんですが、もっとそれを解放すべきだと思います


そのための発想が、「俺が悪いんじゃない。ほかの奴らが悪い」という考え方です


この考え方は自己肯定感のためにも役立ちます。自分を否定するとどんどん自信がなくなっていってさらにネガティブになっちゃうからね

④5秒ルールを身につける

5秒ルールとは、行動を起こす前に自分の心の中で5秒数えるというものです


「〇〇しよう!」と思って行動しようとすると、ビビってやめてしまいます


でも「よし、5秒数えよう!」って考えると数を数えるだけなので躊躇せずにできるんですよ


5秒数えたら行動しなきゃいけないんだけど、数を数えるっていう方に意識を向けると恐怖心が少し誤魔化せます


この5秒ルールはクリスというYoutuberの動画で知りました


このクリスのチャンネルはメンタル的に役立つ情報が多いのでチャンネル登録しておくといいですよ

⑤散歩する

僕は引きこもるの大好きなんですけど、休日でも最低15分は外出するようにしてます


日光を浴びるとセロトニンが分泌されるし、歩くことで多少の運動になるので気分がスッキリします


家の中にいるとネガティブな考えがずっととどまっちゃうけど散歩するとなんかすべてがどうでもよくなります。地球は広いし綺麗だ!


日光浴びると幸せになるとかうさんくさいと思うかもしれないけどやってみると結構効果あるから試してみてください

僕はこれで逃げ出さずに挑戦できた

つい先日のことなんですが、大学のサークルで国際交流系のイベントがありました。自分が所属していないサークルのです


自分はそのサークルに入ってないけど、イベントの内容にはすごく興味があるし行ってみたい!と思いました


そのイベントは非サークル員でも参加できるものだったんですけど、3年でそういうのに参加するのって怖いんですよ


1年生ならこれからサークルに入るかもしれないからそういうイベントに参加してもおかしくないと思うんですけど、3年だと「3年がいまさら自分が入ってないサークルのイベントに参加するの!?」って思われそうで


「あまり良い目で見られなかったらどうしよう」とか「国際交流パーティーのときみたいになったらどうしよう」とかめっちゃ考えました。やっぱり参加するのやめようかなとも思いました


でもここで①『未来のことは考えないふりをする』の登場です


本当はめちゃくちゃビビってるんですよ!?でもビビってないふりをして、直前までどうしようか悩んだけどどうにかそのイベントに参加することができました


ちなみに結果的にそのイベントに参加したのは大正解でめちゃ楽しかった


もし国際交流パーティーでの失敗を全部自分のせいだと思ってたら、今回のイベントに対する恐怖心もさらに大きくなって参加できなかったかもしれない


そう思うと他人のせいにするっていう考え方もすげぇ役に立ってます


実際今回のイベントはちゃんと楽しめたわけだから、前回の国際交流パーティーでの失敗は俺のせいじゃなかったってことだ!!


こんな感じで、今回紹介したことを意識したことによって僕のネガティブ思考は多少改善されてます。イベントに参加する直前まで悩んでいたということは完治はしてないんですけどね


ネガティブ思考を治すことはできなくても、意識を変えることで改善はできます


今回紹介したことを実際に試してみたり、ヒントにして自分なりに新しい考え方を生み出してみたりしてください


ネガティブ思考は改善できます!!!頑張ろうぜ!!!!!