高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

旅行時に猫をご近所さんに預けることのできるサービス『nyatching』が素晴らしい

廃油で~~~す


日々新しいサービスとか会社とかが話題に上がってきていて、就活して会社に就職するだけが人生じゃないっていう考え方を持つ人が増えているのかなぁと思ってます


情報サイトとかみてるとそういう情報ってどんどん集まるんですけど、「たしかにこれは解決したらすごいわ!」ってサービスが新たに始められていたので紹介します


その名も「nyatching」。近所のひとに猫を預けることのできるマッチングサービスです


まだ事前登録の段階なんですけど、nyatchingは絶対に広まるサービス、広まるべきサービスだと思うのでシェアしようと思います

nyatchingとは

旅行や出張の時、猫ちゃんはどうしてますか?
ペットホテルペットシッターを利用するのが一般的だと思いますが
『ホテルの環境は猫ちゃんにとってストレスになるかもしれない』
『餌、水の交換とトイレ掃除だけならペットシッターに頼むほどでもないのになぁ』
と思ったことはありませんか?

信頼できるご近所さんや友人などに預ける、もしくはお世話をお願いするのが理想ではないでしょうか。

そこで私たちが考えたサービスが、ご近所の飼い主さん同士がシッターし合え、助け合える関係を作るマッチングサービス【nyatching】です。

nyatchingは、nyansという会社の提供するサービスです


nyansはペットの殺処分をゼロにすることを目標にしていて、nyatchingはその一環っていうわけですね

旅行の時に猫をどうするかは本当に悩む

猫に限らず動物を飼ってる人だったら分かると思うんですけど、旅行の時にペットをどうするかっていうのはかなり深刻な問題です


餌を一週間に一回だけあげればいい動物とかだったらまあまだいいかもしれません


でも猫は毎日餌を食べるので、もし一週間旅行に行くってなった場合その一週間分の餌をどうするかっていうのが大問題なわけです


一応選択肢としては

  • 大量に餌をあげておいてそれを頑張って猫にちょくちょく食べてもらう
  • 自動で餌が出るやつを使って管理する

この2つがあると思うんですけど、たとえば1週間旅行に行く場合1週間分の餌を餌皿に入れておくっていうのはちょっとね


なので餌問題は自動で餌をあげてくれるやつを使えば解決しちゃいます。実はね


でも長期旅行のときのペット問題は餌だけじゃないのよ


体調管理とかトイレとか他にも色々やらなきゃいけないことがあるんです


だから結局、誰かに預けなきゃいけません


旅行中にペットを預ける場所としては、親戚に預けるっていうのが一番気軽だと思います


実際、僕の実家では猫を飼っていたんですが、旅行に行くときは親戚にあずけていました


でも、全員がそんな簡単に親戚に預けられるわけじゃないと思います


僕の親戚はねこ好きだったので何も問題はありませんでしたが、もし親戚がペットを飼っていなければ猫の世話をすることもできないだろうし、親戚の家が近所にあるとも限りません


親戚に預けられない場合は、動物病院だったりとかペットシッターに預けたりとかするっていう選択肢もあります


でも動物病院とかペットショップは自分の飼っている動物だけを扱っているわけではなくて他にも動物がいるわけです


他の動物と同じ空間で檻に入れられて世話をされるわけなので、多分ペットにとってはかなりストレスになってしまうんじゃないかと思います


さらに、別に体調管理とかしてほしいわけじゃなくて餌をあげるのとトイレの砂を交換するだけでいいっていう場合に高いお金を払ってペットシッターに預けたりする必要があるのかっていうのもビミョーなところです


大事なペットなのでお金をかけるのは惜しくないかもしれませんがやっぱり無駄なわけですよそのお金って


だったら距離的な問題もないしペットをお世話する忙した経験もある近所の猫を解散に預けるっていうのが一番合理的なんじゃないかと、そういうわけです

nyatchingの課題は安心感

nyatchingはご近所さん同士でマッチングをして猫預けるというものなので、その性質上安心感を持って猫を預けることができるのかというのが課題になります


ペットシッターや動物病院であれば、動物を預かって世話をすることができる人たちなので安心感がありますが、nyatchingはあくまでも本人同士の信頼関係の上で成り立つものなので、ペットシッターや動物病院に比べると安心感っていうものは低くなってしまいます

ご近所さんがやべぇやつかも

nyatchingでは、マッチングした後にメッセージを送り合って、信頼関係を築いた上で猫を預けます


でも、「メッセージ上ではすごくいい人だったのに実はめちゃめちゃやばいやつだった」ということが起こる可能性も考えられます


たぶん保健所とか動物病院で猫を引き取る場合も同様だと思うんですけど、実際に動物を飼ってる人なのかとか結婚しているかどうかとか、一定の基準を設けたほうがいいんじゃないかと思います


そして、その基準に合致してる人だけが猫を預かることができるというようにすれば、この問題は解決できる!といいたいところですが・・・


サービスを広めるという観点から見るとあんまりよくないんですよねこれ


条件を厳しくしすぎてしてしまうと実際にサービスを利用することができる人が少なくなって、nyatching自体が機能しなくなってしまう可能性もあるわけです


なので、基準を設けるのかそれとも本人たちに任せるのか、もし基準を設けるのであればどの程度の基準にするのかというのはnyatchingの課題になるんじゃないかと思います

必要になったら病院に連れて行ってくれるのか

預けた相手がまともな人だったとしても、この問題は出てきます


飼い主であればちょっとした異変にすぐに気づいて、適切な処置をしたりだとか動物病院へ連れて行ったりだとかできると思います


でも、飼い主以外の人の場合はどうでしょうか


預けた相手が異常にすぐに気付けるのかどうかというのも微妙だし、動物病院に連れて行こうという発想をしてくれるかどうかも微妙です


もしその預けた相手が飼っている猫は1度も動物病院に連れて行ったことがなかったっていう場合に、すぐに「動物病院に連れて行こう」っていう発想ができますかね?


nyatchingはあくまでもマッチングサービスなのにそこまで考える必要があるのかっていうのもあるし。この辺どうするのかなぁとちょっと疑問に思いました

まとめ:nyatchingのサービス自体は素晴らしいと思う

旅行中に猫をどうするかって本当に問題なんですよ


いまはマッチングアプリとか流行ってるし、それと合わせて旅行中のペット問題を解決しようっていうのは時代に合ってる気がします


安心感が課題だって言いましたけど、そんなに心配ならプロに預ければ良いわけだしね


まだ正式にサービス開始はしてなくて、開始してもとりあえず使えるのは福岡と東京だけなんですけど、nyatchingがどんどん広まっていくといいなぁと思います

nyatching.info