高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

ハンドドリップコーヒーを始めたいコーヒー初心者のために必要なものとかいろいろ教えるよ

廃油です


いままで黙っていましたが僕はコーヒーが大好きです。めちゃめちゃ好きです


しかもただコーヒーが好きだというわけではありません


自分で豆を挽いてコーヒーを淹れるのが好きなんです

コーヒーを自分で淹れてみたい!って人結構いると思うんですよ。ひつじさんも最近始めたみたいだし



というわけで、これから本格コーヒーを始めてみたいっていうひとがまずはどんなものを買えばよいのかを紹介していきます

本格コーヒーを始めるために必要なもの

家でコーヒーを淹れるときって普通の人はコーヒーメーカーで淹れると思います。下みたいなやつね
f:id:high_u:20180415134402j:plain

もしくはインスタントコーヒーとかですよね


とりあえずコーヒーが飲めればいいって場合にはそれらを使えばよいでしょう


でもコーヒーメーカーとかインスタントコーヒーでは本格コーヒーを楽しむことはできません


本格コーヒーを始めるために必要なのは、コーヒー器具コーヒー豆です


コーヒーメーカーはボタン押すだけだしインスタントコーヒーはお湯をそそぐだけでコーヒーを飲むことができます


一方で、本格コーヒーはいろいろやらなきゃいけないのですげぇめんどくさい


でも!でもだよ。その面倒くささを乗り越えれば自宅で美味いコーヒーが飲めるわけです

めんどくさいけど美味しいからやめられない。それが本格コーヒーです


そんな本格コーヒーを始めるために必要なコーヒー器具とコーヒー豆について詳しく見ていきましょう

自分で淹れるコーヒーにはどんな種類があるか

自分で淹れるコーヒー、すなわち本格コーヒーは大きくわけて3種類あります

・ハンドドリップ
・フレンチプレス
・サイフォン

この3つです


3つとも淹れ方が全然違うし味ももちろん違います


というわけで、それぞれについて少し解説していきます

ハンドドリップ

ハンドドリップがたぶん一番オーソドックスです。お湯を注いでいくタイプの淹れ方ですね

ハンドドリップの利点は味の調節がしやすいということです


自分でお湯を注いでいくので、お湯を注ぐ量とかスピードとかで自分好みの味を作り出すことができるんですねぇ


肝心の味の特徴ですが、ハンドドリップで淹れたコーヒーはスッキリしていて飲みやすい


ハンドドリップって基本的に紙のフィルターでろ過しながら淹れるんですけど、フィルターがコーヒーの油分とか成分をキャッチしちゃうんですよ


だからコーヒーの味を100%感じられるっていうわけではなくて、ちょっと削られた、スッキリした味になります

フレンチプレス

フレンチプレスは紅茶みたいな淹れ方のやつです

www.youtube.com

フレンチプレスの場合はハンドドリップと違って紙のフィルターを通さないので、コーヒーの味をそのまま感じることができます


コーヒーの味をそのまま感じられるっていうのは良い点であると同時に悪い点でもあって、あまり美味しくないコーヒー豆を使うとよろしくないです。よろしくないのです


それと、フレンチプレスは粉を入れてお湯を入れて抽出するだけなので淹れるのがめっちゃ楽です


しかーし、片付けはちょっとめんどくさい


ハンドドリップの場合にはフィルターごとコーヒーの粉を捨てれば良いんだけど、フレンチプレスの場合は器具の中に粉があるのでそのままゴミ箱にポイっはできません


そこがちょっと難点ですね

サイフォン

サイフォンといえば昔ながらの喫茶店って感じですよね

サイフォンのいいところはかっけぇってことです


あとはお湯が上にふきあがってコーヒーの粉と反応するのでコーヒー臭が蔓延します。コーヒー好きにとってはめちゃめちゃ幸せ


置き場所が必要だしガラスだから割れやすいしってことで初心者がいきなりサイフォンに手を出すのは正直おすすめしません


でもやっぱりかっけぇからいきなりサイフォンから始めたいってひとはまぁそれでもいいんじゃないでしょうか

初心者はハンドドリップから始めよう!

ハンドドリップ、フレンチプレス、サイフォンと3つの淹れ方を紹介しましたが、初心者が本格コーヒーを始めるなら圧倒的にハンドドリップがおすすめです

ハンドドリップがおすすめな理由

初心者でも簡単に淹れられるのはハンドドリップではなくフレンチプレスです。お湯をいれるだけですからね


ではなぜ僕がフレンチプレスではなくハンドドリップから始めるべきだと主張するのか


それは、ハンドドリップは楽しいからです


フレンチプレスはたしかに簡単に美味しいコーヒーを淹れられるけど、お湯を注ぐだけって味気なくない!?


本格コーヒーを始めたい人って美味しいコーヒーを飲みたいっていうのと同時に自分でコーヒーを淹れてみたいっていう気持ちもあるんじゃないでしょうか


少なくとも僕はそうでした。「ハンドドリップってなんかおしゃれでかっけぇ」って思ってはじめましたからね


やっぱりせっかく本格コーヒーを淹れるならお湯を注ぐだけよりも自分流の美味しい淹れ方を試行錯誤しながらやりたいじゃないですか

ハンドドリップに必要なもの

フレンチプレスとサイフォンの場合にはそれぞれ本体を買えば終わりなんですけど、ハンドドリップはいくつか器具が必要です


でも1つ1つが安いから全部集めてもそんなにかかりません。安心してくれぃ


基本的には

・ドリッパー(これは絶対に必要。本体だから)
・ペーパーフィルター(これも必要)
・コーヒーサーバー(なるべくあったほうがいい)
・ドリップポット(あると嬉しい)

この4つがあれば問題ありません


ほかにも温度計とかスケールとかドリップスタンドとかあるんですけど必要ないです。僕は持ってません


4つの中で特に重要なのがドリッパーです


ドリッパーの大手にはハリオコーノカリタメリタの4つがあって、円錐型(ハリオとコーノ)とか台形型(カリタとメリタ)っていう分類もありますが、どれを選ぶかは完全に好みです


でも丸投げは良くないので簡単に説明すると、円錐型の方が味が淹れ方に影響されやすくて、台形型のほうが簡単に美味しく淹れられます


僕はさっきも言った通りいろいろと試行錯誤しながら淹れたかったので円錐形のハリオのドリッパーを選びました

ハリオのドリッパーは安いしプラスチック製だから壊れにくいしおすすめです


ドリッパーの種類は好みで選べばいいと思いますが、サイズは絶対に1~2人用を買ってください


自分は最初に買ったやつが1~4杯用だったんですけど、しばらく使ってから1~2人用に買い替えました


でかいやつ選んだのは「友達に淹れる時に小さいのじゃダメだよな~」って理由だったんですけどそんなにコーヒー振る舞う機会なかった!


普段は自分の分だけ淹れるわけだから、たまに友達の分も淹れるとか考えないで一番利用回数の多い自分のことを考えたほうがいいです。マジで


大きさが替わるとお湯の注ぎ方とかも変わっちゃうしお湯注ぎにくいしでいいことないです


大は小を兼ねるって言葉があるけどドリッパーに関してはまったく当てはまらないから!!!

美味しいコーヒーを淹れるためには美味しいコーヒー豆が必要不可欠

そうです。どれだけ淹れ方を極めても、使っているコーヒー豆が美味しくなければ美味しいコーヒーを淹れることはできません


ドリップの仕方を試行錯誤して美味しいコーヒーを淹れるというのは、コーヒー豆の美味しさを最大限引き出すということです


美味しさレベル50の豆を使って最大限の美味しさを引き出すことができれば美味しさレベル50のコーヒーを淹れることができます


しかし、美味しさレベル100の豆を使えば、豆の良さを6割しか出せないとしても美味しさレベル50の豆を使うよりも美味しいコーヒーを淹れることができてしまいます


実際にはこんなに単純じゃないけどイメージ的にはそんな感じです


美味しいコーヒーを淹れるためにもっとも手っ取り早い方法は美味しいコーヒー豆を使うということなんです


それに付随してですが、コーヒー“豆”を使用するってのもめちゃめちゃ大事です。もとから挽いてあるやつじゃなくて豆のままのやつ


コーヒー豆は時間がたつにつれて酸化していきどんどん美味しくなくなります


豆を挽いた状態で保存しちゃうと空気と触れる面積が大きくなって劣化のスピードが早くなっちゃいます


なので、美味しいコーヒーを淹れたいなら豆のまま買って豆のまま保存して飲む直前に挽く。これが鉄則です


コーヒー豆を挽くためのミルはハリオのセラミックミルが一番使いやすいと思います。ハリオ大好きかよ

おすすめのネットショップ

僕は近所の珈琲屋で買うこともありますが、基本的にはネットでコーヒー豆を買っています


結構いろいろなネットショップで買ったことがあるので、そのなかでもおすすめのお店を紹介します


検索上位に出てくる有名なお店ももちろん美味しいのでほかのサイトとかだとそういうお店が紹介されていることが多いのですが、そういったところよりも美味しいお店は普通にあるので、知名度よりも味重視です。信頼してください


1つ目は堀口珈琲です
スペシャルティコーヒーの堀口珈琲

わたしたちはコーヒーのフロンティアを歩む探求者です。誠実で優れた生産者を常に探しながら、彼らと長年にわたって築いた信頼関係をもとにすばらしい生豆を入手し続けます。

わたしたちは素材と向き合い、その魅力を引き出す技術者です。熟練の技が生み出すローストと独自のブレンドで、コーヒーづくりに関わる人々の思いをおいしさへと変えていきます。

わたしたちはおいしいコーヒーを求める人たちに寄り添う案内者です。日本のコーヒー文化を継承しつつ、自由で新しい楽しみ方を提案することでコーヒーの世界をめぐる旅がもっと魅力的になるようお手伝いします。

探求者として、技術者として、案内者として、わたしたちは願います。わたしたちのコーヒーが、そして堀口珈琲そのものが、コーヒーの新しいクラシックでありたいと。

おいしいコーヒーを求めて堀口珈琲にたどり着いた人たちのために、コーヒーを愛するすべての人のために、わたしたちは今日も最高のコーヒーづくりを追求しつづけます。

ちなみに堀口珈琲は検索上位に出てくるめちゃめちゃ有名なお店です


有名な店よりも美味しい店が云々言ってていきなり超有名店を紹介するのは申し訳ないけど美味しいから仕方がない


堀口珈琲は個人的なイメージとしては最先端という言葉がぴったりなお店です


紹介文にもある通り美味しい豆を探求して、次々と新たな美味しいコーヒー豆を販売しています


堀口珈琲の豆はちょっと高いんですけど、味は保証されているのでぜひ一度は飲んでみてほしい


おすすめはブレンドの5番エチオピア 「ウォテ ナチュラル」 フレンチローストです


シングルオリジンのコーヒーは時期によって変わってしまうので気をつけてください


2つ目は珈琲焙煎香楽です
スペシャルティコーヒー豆専門店 | 珈琲焙煎香楽

個人的にものすごく美味しいと思ってるお店です


しかも安い!250gで1080円ですよ。普通のコーヒーと比べたら高いと思うかもしれないけどこういう美味しいコーヒーのなかではかなり安い方だと思います


それにも関わらずめちゃめちゃ美味しい


これは値段の割にということではなく純粋に美味しいということです。もっと高くても全然買うのに


香楽のコーヒー豆でおすすめなのはインドネシア「マンデリン・タノバタック」です


僕はインドネシアのコーヒー豆が一番好きなのですが、いままで飲んだインドネシア マンデリンのなかで一番好みなのが香楽のマンデリンでした


これは本当に美味しいし安いのでぜひ買ってみてほしいです


3つ目はFucuramu Coffee Roasteryです
www.fucuramu.com

フクラムコーヒーの豆もすごく美味しいです


豆の値段も比較的安いですし、学割コーヒーという学生にはめちゃめちゃありがたいサービスもあります


コーヒーの焙煎の仕方にもいろいろあって、そのなかでも僕は炭火焙煎のコーヒーが結構好きなんですよ


味に深みがあるというかなんというか


で、フクラムコーヒーは炭火焙煎のお店なので要は僕好みということです


コーヒー豆もひとによって好みが違うのでぜひいろいろなお店で買ってみてください


どこのお店で買えば良いのかわからないっていう人は、とりあえず今回紹介したお店で購入してみるのがおすすめです。美味しいので!

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は袋のまま冷凍庫で保存すればOKです


キャニスターにうつして保存したりとか、冷凍庫には入れないという人もいますが、僕はお店で入れている袋のまま冷蔵庫が一番いいと思います


コーヒー豆を売っているお店では袋にもいろいろこだわってるから品質管理上問題はないし、お店袋のまま保存しておきたいじゃないですか。デザイン的にもお店のカラーが出てて良いしね


それと、冷凍庫で保存するのはコーヒー豆を長持ちさせるためです


すぐに飲みきるならいいけど1か月とかかけて消費するなら冷凍庫に入れておいたほうが絶対に美味しく飲めます

ハンドドリップのやり方

ハンドドリップは人によってやり方が違うので、試行錯誤しながら自分なりのやり方を探すのも楽しいです


でもまったくやり方を知らない状態だと試行錯誤のしようもないので、ハンドドリップのやり方を紹介している動画をいくつか貼っておきます


ちなみに、使っているドリッパーによっても淹れ方がかわるので、その辺も注意しながら動画を見てみてください


本格コーヒーは趣味にもなるよ!

コーヒーサーバーに粉とお湯をセットして淹れているというだけでは趣味とは言えないかもしれませんが、ハンドドリップをしていたらそれはもう完全に趣味だと言えるはずです


「趣味はコーヒーです」ってめっちゃかっこよくないですか!?ダンディズムダンディズム


なんか新しい趣味ほしいなぁと思っててかつコーヒーが好きな人!本格コーヒーを始めて新しい趣味作っちゃおうよ!!


美味しいコーヒーを飲めて、楽しくて、そのうえかっこいいなんて最高の趣味ですよ