高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

部屋選びに失敗した僕が考える、部屋選びをする際に見ておいたほうが良い3つのポイント

f:id:high_u:20180321141354j:plain
廃油です


もうすぐ4月ですね。高校を卒業して、これから初めてひとり暮らしをするというひとは多いと思います


僕も3年前に部屋選びをしてひとり暮らしを始めたわけですが、正直部屋選びは失敗したと思ってます


いまさら引っ越すのもアレなので卒業まで住み続けますが、これから部屋選びをするという人には失敗してほしくないので、自分なりにもっとココを見ておけばよかったなと思う点を紹介していきます


3月後半でもう部屋の契約終わってるんじゃないかっていう気もしますが。もっと早く書けばよかった

ロフトは絶対に必要ない

まず一つ目のポイントはロフトの有無です


なんかみんなロフト好きですよね。大学周りのアパートって結構な確率でロフト付いてるんですよ。たぶん大学生心には突き刺さるものがあるのでしょうロフト


でもはっきり言ってロフトは全く必要ありません邪魔です


まずロフトのせいで部屋のフリースペースが減るんですよ


あとね、夏場めちゃめちゃ暑い。熱い空気は上にあがってくるのでロフトのうえとか灼熱ですからね。サウナで寝てる感じ


4月はまだそこまで暑くないから気づきません。でも夏が近づいてくるにつれて多くの人がこう思うでしょう


ロフトいらねぇ


これに気づいて、ロフトが寝床から物置にかわるまでそう時間はかからないでしょう


ちなみに、いちいちはしごを登らないといけないので物置としても最悪です


部屋選びの際には絶対にロフトのない部屋を選ぶようにしましょう

キッチンの広さもちゃんと見ておこう

2つめのポイントはキッチンの広さです


部屋選びの時僕は思っていました。どうせたいして自炊しないしキッチンなんて気にしなくていいや


これは完全に間違いでした


実家に住んでいた頃は全く興味のなかった料理ですが、ひとり暮らしを始めてからは少ない食材で創意工夫をこなして美味しい料理を作ることに目覚めてしまいました


僕の住んでる部屋のキッチンはめちゃめちゃ狭いです。まな板を使うスペースがありませんし、食器類を収納する引き出しなども存在しません


もっとキッチンの広い部屋にしていれば、もっと楽に楽しく料理ができたのに。いまは狭いスペースをうまく使って頑張って料理してます


いまは料理に興味がなくてもひとり暮らしを始めたら興味をもつようになるということもあります


キッチン重視とまではいかなくても、せめてまな板を普通に使える程度のスペースが有るかどうかくらいはチェックしておいたほうが良いのではないでしょうか

コンセントの位置も大事

3つめのポイントはコンセントの位置です


コンセントの位置って意外と盲点で、そんなに気にしないかもしれません


でもコンセントの位置、めっちゃ重要。コンセントの位置で家具家電の配置が決まりますからね


「テレビここにしか置けないのかよ!」とか「ここに本棚置こうと思ってたのにコンセントが塞がれてしまう・・・」とか、あとからわかってもどうしようもないですからね


僕の部屋は延長コードでコンセントの位置をごまかしてますが、延長コードはめちゃめちゃ邪魔です。ないほうが良い。気をつけろ

新生活を楽しもう

良い新生活は良い部屋から始まります


もし僕が紹介したポイントに全部悪い意味で当てはまっていて、ロフト付きでキッチンが狭くコンセントが変な位置にある部屋を選んでしまったとしても、隣に美人なお姉さんが住んでいれば何も問題はありません


美人なお姉さんが隣に住んでいる部屋を選ぶか、ロフトのついていなくてキッチンが広くコンセントがちょうどいい位置についている部屋を選ぶかは君の自由です


どんな部屋に住んでいようと新生活は始まります。その新生活がどのようなものになるのかは自分次第です


良い新生活を。グッドラック